不動産購入 ネットビジネス 情報商材レビュー

不動産購入 ネットビジネス 商材レビューサイト > スポンサー広告 > 『「光速」収益不動産投資成功法』に出ている銀行融資とは> 「光速」収益不動産投資 > 『「光速」収益不動産投資成功法』に出ている銀行融資とは

鉄板大家のプロフィール

鉄板大家


2010年7月より専業大家となり、1棟もの物件を首都圏で探す傍ら、ネットビジネスを開始。自信をを持ってお勧めできるものに厳選し紹介しています。


⇒ 詳しいプロフィール

応援お願いします

人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます。

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

--年--月--日(--) | PAGE TOP↑

『「光速」収益不動産投資成功法』に出ている銀行融資とは

『「光速」収益不動産投資成功法』の中で、結構過激に、



「融資しない銀行は相手にするな」

       とか

「メインバンクなんか必要ない」


なんて出てきます。まるでより取り見取りのように思えますが
これには訳があります。


以前の記事で銀行の融資には;

「アパートローン」と「プロパーローン」があることを書きました。
→ 分からない方はこちら




レビューの記事にも書いていますがこの商材のコンセプトは;


短期間で収益物件を複数購入し、ハッピーリタイアを目指す
サラリーマン向けとなっています。


実際、物件の選定や業者とのやり取り、収支計算の方法など
不動産投資全てに触れていますので、サラリーマン以外の人が
読んでも意味がないかというと、そう言うことはありません。


ただ融資に関して言えば、自営業ではなく、ある程度の
属性を持っている人を対象にしているため、冒頭の文言が出てきます。


個人向けのアパートローンはその方の属性(勤め先・年数・
収入・家族状況・金融資産などなど)でかなり公式的に判断されるため、
その銀行の公式に合う合わないで答えが出ます。


つまり、その公式に合う銀行を探せばよいわけで、普段からお付き合いが
ある銀行に固執する必要が無いことになります。


他方、プロパーローンを利用する法人の場合はそうはいきません。


公式が無いわけですから、その銀行との取引実績を見られるため、
そうそう銀行を選んではいられなくなります。


収入規模や実績が積み上がった法人の場合はまた違ってきますが、
個人商店のような法人と属性の良いサラリーマンでは入口が違います。


どんなに気に行った物件が見つかっても融資が付かなければ買えません。
ご自分の状況をしっかり把握し、取引業者任せにしない姿勢が大事です。


世の中全てが悪徳業者ではありませんが、業者の立場からすれば、
仲介を成約させてナンボの世界です。


金利の高いノンバンクを紹介する所もあります。


購入することが目的ではなく、購入して安定的ない収入を得ることが
目的です。




購入後から最終的な売却までも含め系統立てて学べます。

>>頭金「ゼロ」でできる「光速」収益不動産投資成功法 




タグ :

2011年05月18日(水) | コメント:2 | トラックバック:0 PAGE TOP↑

コメント

 by 親切第一★誠司

こんばんは、鉄板大家さん。
誠司です。
いつもお世話になってます。


なるほど~、銀行の融資ネタには
いつも驚かされますが、
今日もビックリネタでした(汗)

しかし、どの銀行にするかっていうのは
本当に難しいんですね。

それこそ、個々人によるようですし。

これこそ、情報商材の出番って感じですね。


いつか田舎で家を買う予定ですので
その時はよろしく(笑)


参考になりました。
またお邪魔しますね☆


では、応援★

2011/05/18(水) 19:37:26

Re: タイトルなし by 不動産購入 ネットビジネス 商材レビューサイト@鉄板大家

誠司さん

こんばんは。

コメント、応援ありがとうございます。

田舎で買う予定なのはご自宅ですか?

一般的に(あくまで一般的)に不動産投資の世界では、

自宅は負債と考えます。

収入を産まず、借金返すだけなので自宅の購入は

ラストプライオリティーというわけです。

異論もあるでしょうが、まじ収益を上げる資産以外は

買ってはいけない、ということです。

さあ、どうしますか?(笑)

2011/05/18(水) 21:31:15
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
FXを手数料で比較!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。