不動産購入 ネットビジネス 情報商材レビュー

不動産購入 ネットビジネス 商材レビューサイト

鉄板大家のプロフィール

鉄板大家


2010年7月より専業大家となり、1棟もの物件を首都圏で探す傍ら、ネットビジネスを開始。自信をを持ってお勧めできるものに厳選し紹介しています。


⇒ 詳しいプロフィール

応援お願いします

人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます。

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

--年--月--日(--) | PAGE TOP↑

建蔽率(けんぺいりつ)・容積率(ようせきりつ)

無料レポート作成のノウハウを書きだしたころから、
コピーライティングの話題が周りで多くなった関係もあり、
暫くネットビジネスの話を書きましたが、
たまには本職の不動産のネタです(笑)。




超基本的な話になりますが、「『光速』収益不動産投資成功法」
3秒で物件概要書の中身を見極めろ、とあります。




まあ、時間は別にして、真っ先に見るところは建蔽率・容積率の項目です。




ここが違反していると、そもそもコンプライアンス違反になり、
融資が引きずらくなります。




 建蔽率・・・建築面積の敷地面積に対する割合

そこに土地があったとして、どの程度の広さまで建物をたてて良いかと
言うことです。

具体的には60%とあった場合、100平米の土地に60平米の広さの建物が
限界となります。




 容積率・・・土地面積に対し、どこまでの延床面積の建物を
           建てられるかの規定

具体的には200%とあった場合は、土地100平米に対して、
建物各階の面積の合計が200平米までとなります。




こんなの常識でしょうと言われるかもしれませんが、
特にこの容積率オーバーの物件って本当に多いんですよ。




ネットなどで検索したり、楽待などから提案が来た場合でも、
しらっとこの部分に全く触れておらず、よくよく見たらコンプラ違反
なんてたくさんあります。

※楽待はネットで検索出来るだけでなく、会員に入ると自分の条件にあった
 物件を複数の仲介業者から提案してもらえます。
 もちろん無料です。





悪質なのは、当初駐車場などで容積の中に計算されたいない部分を、
後日事務所に改造し、そのことに触れないまま売りに出すケースです。




妙に相場より利回りが高い物件は結構こういったケースが多いのが実情です。
信頼できる業者さんであれば必ず事前に注釈が入るんですが、
大半は書いてないですね。



聞いたら答える、取りあえず顧客を捕まえる、そんなケースも良くあります。




もちろん契約に進む以前に分かることではありますが、最初の選択段階で
しっかり見極められれば無駄な時間を使うことも無くなります。




基本的な事ではありますが、しっかり押さえておいてください。





スポンサーサイト

「光速」収益不動産投資成功法

最短で収益不動産 を
購入したい方


今田さん

少ない頭金で購入
できる指南書
軸の商材として


>>レビュー(と特典)

標~SHIRUBE~

メルマガライティング
を極めたいあなたに


saito mr

あなたらしい文章で
メルマガを楽しく書ける

>>レビュー(と特典)

トップレポートブランディング

無料にこそ魂を込める

saito mr

メルマガを始めて
質の高い
無料レポートで
濃い読者を集める

>>レビュー(と特典)

過去記事カテゴリ

全記事表示リンク

鉄板大家の相互リンク集

   

鉄板大家のE-Book

[第1作]

キャッシュフローが黒字になる収益不動産購入術

⇒ こちらから


[第2作]

【鉄板大家】収益不動産買いたいのでこんなことやってます

⇒ こちらから

管理者用

 
FXを手数料で比較!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。